ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2022.11.13

李知姫−復調のエース 次週へすべてを賭ける

<Photo:Atsushi Tomura/Getty Images>

第38回伊藤園レディスゴルフトーナメント グレートアイランド倶楽部(千葉県)最終日

 今季初のトップ10。李知姫は通算7アンダー、7位タイで今大会を終えた。優勝争いへは加わることができなかったものの、この日の2番でホールインワンを達成。ベテランの存在をアピールし、ギャラリーをわかせた。

 その2番を振り返り、「175ヤードを5Uで打った。アゲンストの風が強く吹き、きっちりと距離だけを打つことに意識を集中。カップは見えていなかったので、歓声を聞いてびっくり…。同じ組の選手も、まさか入るとは思わなかったみたい」とうれしそうに語っている。3年ぶり通算5回目のエースで、50万円をゲットした。

 43歳の大ベテランの金字塔は2002年以降、20シーズン連続シード権だ。ところがもっかのメルセデス・ランキングは80位と記録続行へ、赤信号が点灯中。残りは、次週1試合となった。


<Photo:Atsushi Tomura/Getty Images>

 「去年の9月、左脇腹の肋骨を骨折。シーズンオフの3カ月を治療にあてた。思うような練習ができない。開幕からなかなか調子が上がらなかった原因だと思う。こういうことは、この20年で初めて…。でも、ようやく状態が良くなった。次週、ようやく仕上がるのではないかと思っている」と、ラストチャンスへ賭ける。

 シードだけではない。常々、「永久シード権を」と繰り返してきた。とはいえ、仮に成績が伴わなかった場合、QTファイナルステージへ挑戦するのだろうか。

 「まだ、決めていない。すべてが終わってから考える」。雑念などまったくないように、瞳が輝いた。

(JLPGAオフィシャルライター・宮脇 廣久)


※こちらをクリックすると拡大画像が開きます

このニュースをシェアする

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
search検索
  • DAZN_バナー
  • U-NEXT_バナー