ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2019.12.3

飛距離より精度 川岸史果、スタイル一新

<Photo:Ken Ishii/Getty Images>

クォリファイングトーナメント ファイナルステージ こだまゴルフクラブ(埼玉県)第1日

 川岸史果は持ち前の飛距離を捨て去り、精度に賭ける。3アンダーで第1日を終えた。手応えを感じたのは、ノーボギーのラウンドだろう。「1Wを使ったのは5回ぐらいでした。無理をせずに、ところどころショットを刻んで、フェアウェイキープを重視した。第2打の距離感も合っていたことが励みになる」と話した。

 さらに、「ピンチがあった。グリーンを外すとアプローチが難しい。細心の注意を払った」とも。同じ轍は踏まない-気概を抱く。4年前の苦い経験だ。満を持して臨んだ最終プロテストは今回と同じ。

 しかし、第2日に81の大叩きが災いする。最終日へ進出できず、第3日で不合格が決まった。「15年、最終プロテストのリベンジです。あの頃と比べて、ティーショットがちょっと成長したかなぁ。あしたはボギーが来るかもしれない。だから、少しだけ、貯金をしておいた」。コースの内外でも、気負わず淡々とした印象は調子の良い証明だ。

(メディア管理部・鈴木 孝之)

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
検索
  • LPGA公式 facebookページ