ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2019.12.6

リベンジの2020年 フェービー・ヤオ首位通過

<Photo:Atsushi Tomura/Getty Images>

クォリファイングトーナメント ファイナルステージ こだまゴルフクラブ(埼玉県)最終日

 2019年LPGAツアークォリファイングトーナメントファイナルステージ最終日が12月6日、埼玉県本庄市・こだまゴルフクラブ(6,472ヤード/パー72)で行われた。トップ通過は通算15アンダーのフェービー・ヤオ。2位は通算12アンダーで新人の安田祐香が入った。賞金シードを失った木戸愛(3位)、東浩子(4位)、木村彩子(6位)、藤本麻子(8位)などが、2020年第1回リランキングまでのツアー出場権を獲得し、復活を期す。
(天候:曇り時々晴れ 気温:9.3℃ 風速:2.5m/s)

 首位で来季前半戦の出場資格を得た、フェービー・ヤオは、「すごく緊張しました。もう吐きそう。順位は気にしていなかったけど…」と言いながら、プレッシャーと戦った72ホールを振り返る。ただ、「来年も日本でプレーができる。本当に、良かった」と胸をなでおろした。

 ファイナルステージは失敗が許されない。ということで、安全第一を心掛けた。「グリーンの傾斜が強く、ラインが読みにくい。ただ、ショットの調子が良かったので、できるだけ、グリーンはラインのやさしいところに乗せる」ことを徹底。

 2018年の賞金ランキングは15位だった。LPGAツアー通算2勝のショットメーカーだが今季は、不振に苦しんだ。「チャンスをつくることができず、バーディーがとれない。パッティングもどんどん悪くなっていった。自信までなくして…」とくちびるを噛んだ。スタッツが不調を裏付ける。フェアウエイキープ率が5位→16位。パーセーブ率にいたっては9位→53位と大幅ダウンした。シード権喪失は必然の結果だ。

 それだけに、「シーズン後半、少し調子が上がってきたけど、まだ悩みがたくさんある。コーチと相談し、スイングを以前のように戻そうと思います。来シーズン、目標はシード権を取り戻すこと。精いっぱい、頑張ります」と復活を誓った。

 ちなみに、次週は、「台湾で試合がある。今のゴルフを忘れないようにします。また、いつか必ず優勝できるから」。自身へエールを送った。

(メディア管理部・鈴木 孝之)


記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
検索
  • LPGA公式 facebookページ