ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2021.9.6

女子プロNo.1決定戦-選手権、9日開幕

<Photo:Ken Ishii/Getty Images>

 JLPGA ツアー2020-21シーズン第41戦『日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯』(賞金総額2億円・優勝賞金3,600万円)が9月9-12日までの4日間、茨城県常陸大宮市・静ヒルズカントリークラブ(6,680ヤード/パー72)で開催される。

 今大会は、まさにオールスター。米ツアー参戦中の畑岡奈紗、歴代優勝者申ジエを除く、計48人の賞金シード選手が出場を予定している。当然、見どころは随所に。ディフェンディングチャンピオン・永峰咲希が史上2人目の大会連覇へ挑戦する。また、今季のツアーをけん引する賞金ランキング首位の小祝さくら、東京2020オリンピック銀メダル・稲見萌寧が初の公式競技制覇のタイトルを目指す。

 例年以上の豪華版といえば、歴代優勝者だろう。大会2勝の鈴木愛、同2勝で永久シード不動裕理。そして、イボミ有村智恵藤田さいき福嶋晃子原田香里李知姫テレサ・ルーの実力者が技を競う。さらに、今シーズンのツアー優勝者・渡邉彩香岡山絵里上田桃子西村優菜大里桃子勝みなみ若林舞衣子吉田優利山下美夢有堀琴音青木瀬令奈にも注目が集まる。一方で、原英莉花渋野日向子古江彩佳などは海外遠征後のツアー復帰戦。女子プロゴルファーの頂点を目指す138人は万全の態勢を整える。

 1968年、第1回が開催され、今年で54回目を迎える日本で最も歴史と権威のあるトーナメント。ゴルフの普及拡大を目的に毎年、日本全国をサーキットする。今回は23年ぶりに茨城県へ。静ヒルズカントリークラブは、「すべてのホールにドラマがある」をコンセプトにしており、戦略性が高い。18番は第2打からグリーンまで巨大な池が絡むレイアウトだ。美しいコースは、最後まで逆転の可能性を秘めている。

 大会は4日間ライブ配信を実施。リアルタイムでスリリングな戦いをお楽しみください。

※こちらをクリックすると拡大画像が開きます

このニュースをシェアする

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
search検索
  • LPGA Official twitter