ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2021.12.1

最新情報ーQTファイナルステージー明日へひとこと②

セキ ユウティン<Photo:Ken Ishii/Getty Images>

QTファイナルステージ 葛城ゴルフ倶楽部(静岡県)第2日

セキ ユウティン(4位タイ:-3
 「強風でしかも、吹く方向がめまぐるしく変わりました。いつも以上に、マネジメントをしっかり。風の計算をミスしてボギーを叩いたけど、これは仕方がないことです。また、グリーン上で強風が吹いて、ボールが動いたことが3回も。でも、私は強風のラウンドも好きです。中国で今年、全米女子オープン予選があり、その時はもっと強い風でタフなコンディション。でも、1位でした。また、チップインが3回も飛び出した、良い1日。うれしかった」 

黄 アルム(4位タイ:-3
 「強風で、すごく体力を消耗した。18番はショットでダフり、しかもグリーンでは3パット。悔しかったです。ただし、体力も実力の内でしたね。今年は腰を痛めて、2カ月ぐらいツアーを離れていたし、夏ぐらいからファイナルも視野に入れた。おかげで、プレーの調子は悪くはない。でも、やはりQTはドキドキする。1ホール、プレーが終わるたびにため息をつきました。とはいえ、本当の勝負は最終日。がんばります」

 福山 恵梨(4位タイ:-3
 「順位のことは特に考えていません。できるプレーをすれば結果はついてくるでしょう。穏やかな気持ちでいきたい。(今日は)外す位置をしっかり確認。寄らない場所には外さないように安全に、寄せてパーでいこうというプレーをした。計画通り、パーを拾えました」

 大城 さつき(7位タイ:-2
 「毎日72とスコアを設定しています。最終日まで72を目指してプレーします。(今日は)10番のバーディーでホッとしました。その安心感でそのあとたくさんバーディーがとれた」

 新垣 比菜(7位タイ:-2
 「ツアーとは違い、リスクをおかすわけにはいきません。きょうは強風で、とにかく大変でした。上がりの1718番でバーディーをとれたことが本当にうれしい。前半は2、3番。後半も1213番で連続ボギーを打ち、精神的に苦しかった。ショットがいまひとつでしたけど、ショートゲームとパッティングがまずまず。粘って、粘っての1日です。沖縄が故郷ですから、風は得意のつもりでした。でも、最近、あまり沖縄でプレーをしていない。強風になると、普通の人になってしまいます」

このニュースをシェアする

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
search検索
  • LPGA Official twitter