ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2017.4.22

2nd day プラスワン~諸見里しのぶ~

<Photo:Chung Sung-Jun/Getty Images>

フジサンケイレディスクラシック 川奈ホテルゴルフコース 富士コース(静岡県)2日目

 2015年の『樋口久子Pontaレディス』以来、実に2年ぶりの予選通過を果たしたのは諸見里しのぶ。1オーバー69位タイという位置からスタートし、5アンダー67でラウンド。通算4アンダーの25位タイで明日の最終日を迎える。

 「2年ぶりですね。やっとお給料が入る!」

 ラウンド後のインタビューで開口一番出た言葉だ。一時は引退も考えた。2013年頃から肋軟骨炎に悩まされ、夜も眠れない日々も続いたと言う。練習量は必然的に減り、焦りしかなかった。

 「一昨年の夏前には、ゴルフをやめると言うか、そろそろ引き際かなと思いました。それで先輩などに相談して、きっちり体を治してみようと思ったんです。それでダメだったら諦めようと。タラレバですが、もっと早くその判断をしていれば、ここまで苦しむことはなかったのかもとは思います」。

 思い切って休養を取り、体を治して戻ってこれたことに今は感謝しかないと言う。今日のプレーを振り返り「出だしでボギーを叩いたあとに、これだけ伸ばせたのは自信になりました。今年は体の状態も良くて、ゴルフも悪くなかったんですが、成績が出ていませんでした。だから今日のようなスコアが出ると、また頑張ろうという気持ちになれます」。

 今は自分の直感を信じていろんなことにチャレンジしていきたいとポジティブな姿勢でゴルフに取り組んでいる諸見里。再び輝きを取り戻す日を多くの人が待ち望んでいる。

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
検索
  • LPGA公式 facebookページ