ニュース & トピックスNEWS&TOPICS

2021.11.29

最新情報ーQTファイナルステージー明日へひとこと

 2021年JLPGAツアー クォリファイングトーナメントファイナルステージが11月30日、静岡県袋井市・葛城ゴルフ倶楽部宇刈コース(6,412ヤード/パー72)で開幕する。29日は指定練習日。公式記者会見が行われた。

一ノ瀬優希
 「(明日から)QTに出場するため、家族にサポートをしてもらった。せっかく出るからには、スコアを出せるように集中したいです。(出場するきっかけは)ゴルフを離れて妊娠、出産をした。時間が経つにつれゴルフが楽しいと思うように。今年、解説、リポーターの仕事をして、ツアーが魅力的で、いいところでゴルフをしていたんだなぁと感じた。娘が幼稚園に入るまでに、もう1回挑戦したいと思いました」

岩井明愛
 「(目標は)トップに立とうと思わずに、上位に入れるように頑張りたいです。(調子は)ショットも、パッティングも悪くない。(コースは)グリーンの傾斜が強いので、注意しながらプレーしたいです。(ポイントは)天候です。予報では風も吹かないようなので、やりやすい。グリーンの速さにもよりますが、タフなコース。スコアは伸びるかわかりません」

岩井千怜
 「QTだからといって力を入れず、いつも通り自分を信じてプレーしたいです。(コースは)グリーンを手前から攻めていけば問題ない。下りにつけると、3パット、4パットもあります。手前から攻めていきたいです。スコアのことは全く考えていませんが、スコアや、順位ではなく自分のゴルフをやり通したい」

金田久美子
 「あすから自信を持って4日間プレーしたいです。(コースは)グリーンの傾斜が強い。奥につけると寄りません。しっかりマネジメントしながらラウンドしたい。(体調は)腰痛と闘いながらのラウンドです。きょうもアプローチとパッティングだけで練習しました。2週連続で(痛みが)なかったのですが、あと4日間大丈夫だと思います」

佐藤心結
 「来シーズンの開幕戦から出場するのを目標に、上位にいけるようコーチ(帯同キャディ)と一緒に頑張りたいです。(コースは)井上誠一さんの設計で、(前週QTファーストの)伊勢CCと似た感じのゴルフ場です。グリーンを外した時のアプローチが難しい。まず、パーオンさせて、ボギーを打たないゴルフがしたい。第2打でつけるところによっては難しいパッティングが残ります。ツーオンしてボギーを打たないゴルフができれば、結果はついてくる」

成田美寿々
 「(明日から)自分のゴルフに徹していきたいです。山名コースで毎年トーナメントがあるときは、手前から、手前から攻めています。それが(宇刈コースも)きっとあっていると思う。自分のゴルフが良ければ、明るい毎日だったのに、壁を乗り越えなければいけない。頑張って越えたいです。(今日の練習ラウンドは)コースの状況というよりは、自身の課題をテーマとしてやっていました」

横峯さくら
 「(明日は)しっかりアンダーパーで回れるように頑張りたいです。(JLPGAツアー復帰は)半年前から主人と相談していた。1日でも長くゴルフをしたい。日本で永久シード獲得を目標にしようと思った。息子が小学生になるまでに獲れればうれしいですね。残り7勝を全力で狙いたいです。米ツアーでの優勝もあきらめてはいません」




このニュースをシェアする

記事検索記事検索ARCHIVE

年を選ぶ arrow
月を選ぶ arrow
カテゴリ arrow
search検索
  • LPGA Official twitter